「アンジュ★アロエ」アロエベラ ジュース 5つの素晴らしさ >アロエジェル化粧水

〜アロエジェル (美肌と保湿のためのゼリー状の化粧水)〜

天然植物保湿成分(アロエベラ液汁)99%配合したゼリー状の化粧水です。
お肌にうるおいを与え、肌あれを防ぎ、ハリのあるすこやかな素肌を保ちます。

ジョージズ ジェル(アロエ99%ジェル)236ml!美肌・保湿!アロエ化粧品
アロエベラ液汁
99%(1本あたり233ml)
ご使用方法
お肌をきれいに洗い、ゼリーをつけ、全体にのばしてください。特にお肌が乾燥している場合には、マッサージするようによく馴染ませてつけてください。その上からクリームなどを重ねるとより効果的です。
全成分
アロエベラ液汁-1、カルボマーNa、パラオキシ安息香酸メチル
内容量
236ml
※上の化粧品は、提携サイトさんの商品です。
(「アンジュ☆アロエ」では、販売はせずにご紹介にとどめております。)


アロエベラで美肌

肌のトラブルといえば、なんといっても多いのが肌荒れと小じわ、にきびなどです。肌荒れや小じわが皮膚の水分・皮脂分の不足で起こります。そしてにきびは反対に皮脂分の過剰が原因で起こります。

アロエベラは肌を引き締めるアストリンゼント効果と、適度に水分・皮脂分を保って、うるおいを与えるモイスチャー効果の両方を持っているので、肌荒れ、にきび、どちらにも効果があります。さらに、炎症をやわらげたり、紫外線防止、殺菌、細胞を若返らせたり、血液の循環をよくする作用もあります。

うるおいのためにアロエベラを

あなたは乾燥肌ですか?それとも脂性肌ですか?

もしあなたが乾燥肌なら、肌荒れやしわになりやすいタイプです。なぜなら、肌荒れやしわは水分と皮脂不足いよる乾燥が第一の原因となるからです。
特に皮膚のいちばん外側の表皮の下にある真皮から出る皮脂が不足すると、肌にうるおいがなくなります。

アロエベラは新陳代謝を旺盛にして、皮脂の分泌を正常にする働きがあるので、肌荒れや小じわにはきわめて効果的です。
肌荒れやしわが気になる方は毎日のスキンケアにアロエベラの化粧水をお使いください。

余分な脂をとり除くアロエベラ

肌荒れ、しわが乾燥肌に多いトラブルなら、にきび、吹き出物は脂性肌に出やすいものです。
余分な皮脂が毛穴に詰まって、細菌が繁殖して起こるのが、にきびや吹き出物です。
脂性肌は一般的にキメが粗く、毛穴が目立つのが特徴で、すぐ顔が脂っぽくなったり、人より化粧くずれが早くなります。

アロエベラが乾燥肌に必要な皮脂の分泌を促すなら、反対に分泌を抑えるのもアロエベラです。
アロエベラは皮脂の分泌をノーマルな状態に調整する効果があると言えます。
あなたがたとえ脂性肌でもアロエベラを利用して手入れすれば、にきびや吹き出物と無縁でいることもできます。
もしポツンポツンとできてしまっても、アロエベラには殺菌作用がありますので、顔中にきびだらけという事態は避けることができるでしょう。

にきびは治ったものの、表面ににきびあとが残っていては困りますね。
アロエベラは皮膚を修復させる働きがあるので、陥没したにきびあとにはきわめて有効です。早ければ早いほど効果があります。

紫外線を防ぐアロエベラ

しみは皮膚の色を作るメラニン色素の新陳代謝がうまくいかず、局部的にとどまってしまったときに出てきます。
そのメラニン色素の新陳代謝を狂わす大きな原因となるのが日焼けです。日焼けはご存じ、紫外線によるものですが、しみのできやすい人は、皮膚の紫外線防御システムが弱いとみてよいでしょう。
このような人こそ、しみをこれ以上濃くしないためにも、日焼けは極力さけていただきたいものです。

そんな方へアロエベラがお薦めです。アロエベラには紫外線防止作用があります。
と同時に、やけどによく効くように消炎作用もあるので、日焼けにはかなり効果的。
日焼けやしみになりたくない方は外出前にアロエベラを塗りその上からサンスクリーン剤を塗ってから外出するようにしましょう。

《店長日記より》

●とろりんマッサージ!   リフトアップマッサージ

更新が滞っていてスミマセン!
別サイトでダンスショップを運営しているのですが、こちらの独自ドメインとったり、リニューアルしたりなんだりと、多忙な日々です。

それで、毎日忙しいと、どうしても「顔を洗って⇒いつの間にか眠って」というように、お肌のお手入れなんかお留守になりがちですね!

そんな中で、ちょっといい美顔方法を見つけました。
とろ〜りとしたアロエジェルを活用したお手入れ法です。

最近洗顔はお風呂に入る前にしています。
何故かというと、洗顔で綺麗な肌にして、その上にアロエの栄養たっぷりのアロエジェルをつけ、それでお風呂でより成分が浸透するようにしているからです。

結構いいみたいですよ!
なんだ、そんなことと思われるかもしれませんが、3つ工夫をしています。

1つは、アロエジェルを多めに取り、「両てのひらで温めてから」頬を滑らせるようにつけること。

何故カッコ書きしているかというと、普通、指でつけてしまいますよね。
それだと刺激が強いのでてのひらで圧を弱くして付けます。そしてポイントはすこし温めるということ。てのひらを20秒ほど合わせると自然に温まります。

2つは、ゼリーをつけるときにテーブルの前にすわり、肘をついて、てのひらにアゴを乗せ、そのまま斜め上(アゴから耳にかける気持ちで)にゼリーを付けていくこと。

このときのポイントは、手を上に移動させるのではなく、顔に徐々に体重をかけるようにすること。
そうすると自然に手は上に上がっていきます。
だってアロエのゼリーがとても「とろりん」としていますので。。。

これが、と〜〜〜〜っても気持ちよいです。

できるだけ、できるだけゆ〜〜〜〜っくりと、手を移動させます。
ガシッっと顔をつかむのではなくてのひらは広げて・・・。

リフトアップマッサージのアンジュ版といったところです。
アロエのゼリーの特性あってのとろりんマッサージですね。

そして工夫の3つ目はお風呂(浴槽)に入るとき、頭からすっぽり
ビニールをかぶること。

私は先日、とある100円ショップですぐれものを買いました。

子供のシャンプーハット風のものにビニールが垂れ下がり
よく言えば平安時代の貴族がお顔を隠しているようなもの。
(鉢かづき姫ですかね・・・。)

これをかぶって浴槽につかると、2〜3分で大量の汗が出てきます。
あまりやりすぎると、呼吸困難になるので注意!

そして、最後に冷水で顔を洗い、不要なべたべたも落とします。
おでこ・頬・アゴ・小鼻・フェイスラインなど、各パーツ10回くらいずつ合計3分ほど冷水ですすぎます。
そうすると、毛穴も引き締まりきめが細かくなるようです。

あとはいつもどおり、化粧水からゼリーへと順のお手入れです。

文字にすると長いのですが、忙しい中で発見した美顔方法ですので、さほど時間はとりません。

どうぞお試しを♪

PS
あまりに忙しすぎて、ダイエットは一時休止です。
体力をつけるため、逆に今食べています。

またそのうちに再開しますね、ダイエットの記事は。


TOPNEXT


スポンサード リンク


Copyright 2004‐2011 Ange☆Aloe All Rights Reserved