アンジュ☆アロエ>美しい素肌づくり>素肌について>スキンケアは美の基本

美しいメイクの仕上がりを望むなら、肌のコンデイションをベストな状態に整えなければなりません。スキンケアの重要性については、多くの女性がすでに認識しているところでしょう。

肌をあれこれいじるよりも、シンプルにケアするほうがいい、などとよく耳にします。
たとえば、石鹸で洗顔し、化粧水だけつけて、あとは自然に分泌される皮脂がクリームの役目をしてくれるなど…。

でもそれは「肌にとっていい環境のなかで生活しているのならば」の話。
残念ながら日本の環境は、肌にダメージを与えてしまう要素であふれています。

だから、スキンケアをはじめるのは、若ければ若いほどいいということになります。

20代からはじめた人と30代からはじめた人では、歴然とした「差」が生じます。

もちろん、今からはじめてもけっして遅くない。お手入れをしただけの効果は、ちゃんとあとに出ます。
10代や20代前半の女性たちに、いくら「スキンケアが大事だから」と口をすっぱくしていっても、遊び疲れて帰ってくると、メイクも落とさないで寝てしまったりするもの。

つい若いときは平気でそんなことをしてしまいます。白分の肌は大丈夫だと思い込んでいます。

ところが、それがだんだん「恐いことだ」とわかってくると、どんなに疲れて帰宅しても、寝る前にきちんと顔を洗うようになります。それはそれでいいと思います。

けれども、知識として「きちんとスキンケアをしないとこうなってしまう」と知っていれば、無茶なことはしなくなるはず。それに若いときから「わたしは30歳になったときのために今からやるぞ!」という意識があれば、手を抜かないはずです。

その代表例が大地真央さん。

彼女は「無茶をしてしまう年代」から宝塚にいて、舞台に立つためにいつもハードなフルメイクをして、肌を酷使し続けていました。

若い肌なら、毎日のメイクでダメージを受けていたとしても、それほど大きなトラブルにはならないもの。だから、スキンケアをすることにそんなに気を使わないでいられるのですが、彼女は違っていました。

あれだけの舞台メイクを、それもほとんど毎日しているのですから、そのときはよくても10年後の肌がどうなってしまうのか……。というわけで、真央さんは、若いころからスキンケアに熱心でした。

現在の真央さんは年齢不詳の美肌をキープ。これはすごいことです。

前々から「なぜ真央さんの肌は、あんなにきれいなのだろう?」と不思議に思っていたのですが、その秘密がわかったとき「やはり」と納得しました。

真央さんは20歳のころから、正しいクレンジングをし、肌にいいものだけを使っていた。それは今も同じで、肌にいいことは全部しています。

努力を続けているからあの美肌。小ジワもほとんどないし、くすみもない。ただただ頭が下がる思いです。

スキンケアは、日々の積み重ね。それを怠ってしまうと、"キレイ"を保つことはできません。

TOPNEXT


スポンサード リンク


Copyright 2004‐2011 Ange☆Aloe All Rights Reserved