アンジュ☆アロエ>美しい素肌づくり>トラブル肌対策>化粧品かぶれ

〜化粧品かぶれになってしまったら〜

●もしもの場合は、
自己流に治療せずに、すぐに皮膚科の受診をお勧めします。


アロエは、昔から薬として用いられてきたほどですから、逆に強すぎてかぶれる方も中にはおいでになることでしょう。

またアロエに限らず、どんな化粧品でも、その方に合う合わないというのはあります。

ですからまず、使用する前に
パッチテストが原則です。

つまり顔に付ける前に、肘の内側などに塗布して様子を見てみるのです。
肌の弱い方は最低3日間はなさった方が宜しいでしょう。

でも、手では何ともなくても、顔に付けて化粧品かぶれになってしまう場合もありえます。
それほど顔の皮膚は敏感です。

この場合は、すぐに皮膚科の専門医に診てもらう事をお勧めします。

(以下、ご参考までに店長の実体験です)

━━━━━━━━━━━━━━━

実は、私はこの間化粧品かぶれになりました。(化粧品売っているのにね・・・。)

色々試してみたかったので、アメリカ製の評判のいいナイトクリームを付けてみたのです。
「シワにいい」とか「お肌つるつる!」とかクチコミで評判のものでした。

仕事で疲れていたので、パッチテストも面倒でしたから、ほんのちょっぴり顔に塗ってみました。3時間経ってもなんでもなかったので、そのまま顔の全面に塗って、寝ました。(金曜の夜)

ところがです!

翌朝(土曜)、顔が腫れていました。腫れているというよりむくんでいるという感じでした。
(ということは、まだ序の口だったのです。)

洗い流せば平気だと思って、丁寧に洗顔して、いつもの化粧品を塗ってそのまま出勤しました。

ですが、段々とひどくなっていき、昼ごろにはスタッフに「どうしたんですか〜〜〜」と叫ばれるようなすごい顔になりました。

赤くて、皮膚はぼこぼこ、そして頬がパンパンに膨れて、目の上の皮も垂れ下がって、目が奥のほうにある感じです。

けれど、楽観的というか、疲れていたので、その日は仕事を普通にこなし、一晩寝れば治るくらいの気持ちで早めに就寝しました。

さて2日目。(日曜)
全く顔に変化がありません。酷いまま。
悪い夢からずっと醒めない気分です。

家人からは「オカルトだ!」と言われましたが、午前中はフラメンコのレッスンがあったのでサングラスをかけて見学に行きました。

顔は普通ではなかったので、みんなにどうしたのと言われるのも面倒なので、目立たずに遅刻して、そして早々にそそくさと帰って来ました。

この段階でも、そのうち治るさ、と思っていました。
けれど、小6の息子に「お母さん、ネットで調べたら?」と言われ、そうだ私はそういうのが商売だった・・・と思い調べてみました。(ボケ!)

そうしたところ、
化粧品かぶれは大体2週間で治る、何もしてはいけない、洗顔も石鹸は刺激があるからいけない、乾燥したら水でパッティングのみ、それでも乾燥したらワセリンはOK!・・・と書いてあり、おまけに皮膚科は怖いステロイド剤を処方されるので行っても無駄!と書いてありました。

忙しかったので、けっきょくそのままにして、(何もしなくて治るんならそれでもいいや、お医者さん行くのも面倒だし・・・とひたすら楽観的に)その日も過ごしました。一応ワセリンだけは買って塗ってみました。けれど何だか痒かったので、やめました。

次の月曜、ちょっとは腫れは引いてきたもののの、まだ真っ赤に酔っ払ったような顔で、いつになく大きな顔で(いえ、態度でなくて・・・)すごく不恰好でしたが、やっぱりフラメンコのレッスンがあったので出席しました。

こちらのフラメンコの教室は通い始めたばかりで、休むと分からなくなりそうなので、サングラスかけるわけにも行かず「素」のひどい顔でレッスンを受けました。

・・・けれど、誰も顔のことを触れなかったのは、きっと聞いちゃいけないと思われたんでしょうね。あるいは顔さえまだ覚えられてないと言う、寂しい現実かも?

ともかく、化粧品かぶれになってから土・日・月と3日間が経ったのですが、自己流でなんとか対処してきました。しかし火曜日になると、赤い皮膚がぴりぴりしてきました。笑おうにも、皮膚にゆとりがないというか、つっぱってしまい、顔の表情がない状態。おまけに痒くてかきむしったところは2箇所ほどかさぶたまで出来てる始末。
(近寄ると何か悪い病気が移りそうな顔です。)

簡単に言うと、膨張している上に、乾燥しているから皮膚がぴんぴんの状態です。

たしかにね、シワはなくなりましたよ、けど、そういう効果を狙っているわけじゃないでしょうに。。。←クリームに対するせめてもの皮肉です。

4日も経つうちに、自分の元の顔を忘れてきました。
何となくこんな顔だったような気もするけど、鏡を見ると、自分の顔に見えません。

それで友達に聞いてみたら、お医者さんに行った方がいいんじゃない?と言われ、鈍い私もようやくその気になりました。

そして、皮膚科に行ったのが、水曜日の夕方。

つまり化粧品かぶれを起こしてから5日間もそのうち治るだろうと思いつつ、自己流手当てで皮膚科に行かなかったのです。

皮膚科の先生いわく
「ステロイド剤を出しますので、朝晩塗ってください。注意事項として、陽には当たらない事。帽子を目深にかぶるとか、地下道を歩くとか、気をつけてください。」と言われました。

それで、おずおずと「先生、ステロイド剤とは怖い薬なんではないですか?」と聞いてみました。

すると、先生ちょっと目がきりっとなって

「どうして?ステロイド剤が怖いのではなくて、医者の処方どおりに使わない事が怖いんです。きちんと使えばとてもよく薬です。」

「ステロイドを使ったら日に当たってはいけないというのは、むしろステロイドを使わなければいけないボロボロの肌に日を当てたらよくない!というようなものです。」

「非ステロイドを出すことも出来ますが、その方が合わない人は多いです。飲み薬が身体に合わないと顔だけでなく全身にまで及ぶので、大変な事になります。」

「洗顔はきちんと低刺激の石鹸を使って洗ってください。あなたは仕事もしていて、外にでているのだから、そのままにしていると油や汚れの上に薬を塗ることになりますよ。」

「乾燥するのなら、軟膏を塗った上から、5分間くらいぬらしたタオルを当ててください。それ以上はかえってよくありません。」

「必ず次の土曜か日曜には来てください。」

と、きっぱり言われました。

なるほど〜。これはお医者さんのいうことをきっちり聞いて、出された薬もその通りに使うべきだと思いました。

素人考えしていたから良くならなかったのだし、専門家の言うことを聞かなければ大変なことになると思いました。

それで、その晩(つまり水曜の夜)にステロイド剤を塗り、その上から親水軟膏というベタッとしたオロナインのような白い軟膏を塗りました。←先生に「ワセリンは肌に合いませんでした」と私が言ったため。

翌朝(=かぶれてから6日目)びっくり!
あれ?顔が綺麗になってる〜。確かにもとの顔だ!

ステロイド剤ってすごくよく効くのですね。もう治ったかのように劇的に綺麗になりました。

けれど、これはお医者さんのいうことをちゃんと聞いたから綺麗になったのであって、言われたとおり次の日曜までつけようと思いました。

ちなみに次の日に社交ダンスのレッスンに行きましたが、そこでは皆に「どうしたの?その顔??」と言われ、こんなに良くなっているのに、傍目にはまだ変な顔なんだと思いました。

そしてその日から、冬だと言うのに日傘・そしてサングラス・マスク・・・一見怪しげなおばさんです。でも、ここで気を抜いたら、後が怖いと思い、それで日曜まで通しました。

晴れて日曜(=かぶれてから8日目)、先生が「大分よくなりましたね。もうステロイドはつけないでいいですよ。けれどあと1週間は親水軟膏をつけてください。化粧水はそれからね。」と言われました。

それで私は日曜・月曜・火曜とそのお言葉を守りました。

(ということは水曜(=かぶれてから11日目)には破ったと言う事ですが・・・)

水曜の晩、深くなってしまったシワにため息をつき、ちょっとばかり化粧水を試してみました。すると・・・。
化粧水って効果があるんですね〜。シワが見る間に浅くなりました。
普通の化粧水でこんなに劇的にシワが減るとは思いませんでした。

(というか、いままで、水分がなかったので、すごくシワシワでやっと化粧品かぶれをする前の段階まで復元したと言うような感じです。)

その晩、少しだけ化粧水を塗り、そして親水軟膏を塗って寝ました。
ちょっと恐ろしいな〜と思いつつ。

翌朝(=かぶれてから12日目)は別に腫れてもいませんでしたので、ホッと一安心。

徐々に化粧水の量を増やし、今日金曜には親水軟膏もつけるのをやめました。

まだファンデーションは塗ってはいませんが、ほぼ前の状態に戻りました。

今日でちょうど2週間です。
やっぱり、治るまで2週間と言うのは一般的だったんですね。

化粧品かぶれをもししてしまったら、時間のロスをなくすためにもすぐに皮膚科の受診をお勧めします。そうしたら多分1週間で治ると思います。

顔が変形してしまった1週間、楽観的に過ごしましたがそれなりに辛かったですよ!
中には鬱になってしまう人もいるらしいです。

化粧品かぶれの自己治療は禁物と言うお話でした。

ネットで調べましたら、あまりにも「化粧品かぶれには皮膚科は無意味」というような文章が多かったので私なりの実体験と感想を書かせていただきました。

ご参考になさって、あくまでもご自身のお考えで治療をなさってください。


TOP


スポンサード リンク


Copyright 2004‐2011 Ange☆Aloe All Rights Reserved